多汗症に悩む人の特徴について

多汗症で悩む人の特徴について

多汗症に悩む人には共通する特徴があります。

 

1つは性格です。

 

真面目で、完璧主義で努力家の人

 

が多いようです。

 

負けず嫌いな面があると同時に恥ずかしがり屋な面も持ち合わせていて、自分の中で葛藤が起きやすいと言えます。

 

このような性格の人は、多汗症の悩みに対しても自分で調べるなどして非常に真面目に向き合って改善しようとします。

 

しかし、負けず嫌いで恥ずかしがり屋でもあるので、他人に自分の悩みを打ち明けられずに1人で悩みを抱えてしまうことも少なくありません。

 

また、そこで勇気を出して家族や友人に多汗症の悩みを打ち明けたとしても、逆に

 

「そんな事で悩んでるの?」

 

などと言われてなおさら落ち込んでしまうというのもよくある話です。

 

医療機関を受診してもきちんと対応されなかったりする事もあります。

 

自分のプライドが高い分、人一倍傷つきやすく落ち込みやすいのです。

 

そうしていくうちに、治らないもどかしさなどもあって自分にも他人にも頼れなくなってしまうのです。

 

もう1つは育った環境です。

 

幼い頃から親や先生に嫌われないように

 

言われたことを素直に聞く良い子だった

 

ことです。

 

これは裏を返せば、自分を抑えてまで相手に合わせて来たとも言えます。

 

この傾向は学校や社会に出てからますます強くなっていき、これが続くと自分を素直に表現できなくなります。

 

このような状態になると、性格と同じような理由で多汗症に悩んでしまうことが多いのです。

 

もしあなたが当てはまったり、似ていると思ったら、こっそりアセッパーを試してみてはいかがでしょうか?