多汗症の悩みについて

理解されにくい多汗症の悩み

人間はみんな暑い時や運動をした時に汗をかくのは当たり前の事です。

 

むしろ、暑い時などに汗が出ないと命にかかわることもあります。

 

しかし、多汗症で悩んでいる人たちというのは

 

暑くもないのに汗が出てくる

 

ケースがほとんどです。

 

・何もしなくても勝手に汗が出てくる
・授業中に汗が出てきて集中できない
・汗がひどくて仕事の打ち合わせができない
・手汗が気になって手をつなぐことができない

 

などなど。

 

「いやいや、私はもっと大変だ!」

 

もしかしたらあなたはそう思っているかもしれません。

 

このような多汗症の殆どが

 

精神性多汗症

 

であると言えるでしょう。

 

精神性多汗症とは、暑いから汗をかくのではなく、緊張した時に大汗をかいたり、それを指摘されたトラウマで何もしなくても異常なほどの大汗をかくのです。

 

最近では手汗に悩む人が増えてきているようです。

 

その原因としては握手の機会が増えたことや、パソコンを使うことが多くなって、以前よりも手に意識が向けられることが多くなったからでしょう。

 

身体の仕組みというのは、必ず何かしらの意味があるので、暑かったり緊張したりすると誰でも汗が出ます。

 

しかし、そうでもないのに異常なほどに汗が出るという場合は、汗のメカニズムが狂ってしまい、修正が効かなくなっている状態によるものです。

 

そんな悩みにはアセッパーがおすすめというわけです。